忍性

0

     

    CIMG5744.JPG

     

     

    もう終わってしまったけれど、奈良国立博物館、忍性(にんしょう)展

     

    鎌倉時代、ハンセン病の人達を、その師、叡尊とともに、文殊菩薩の化身と考え、救済に尽くした僧

     

    叡尊、45歳のときの誓い

     

    「最も悪い世の中に生まれ、最も苦しむ人を救いたい。 そのためなら地獄の苦しみにも耐え、浄土へは行かない」

     

     

    蒙古襲来、元寇の折、「東風をもって 兵舟を本国に吹送り 乗る人をそこなわずして 乗るところの舟を焼失せしたまへ」と祈った

     

    (西山厚著 語り出す奈良より)

     

    敵の兵の命をも思いやる心、本来の仏教の教えでは当たり前のことなんだけど、翻って、鬼畜英米は、ちょっと前の話

     

    その何百年も昔の奈良のお坊様のお話です

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック