フラクセル3のリフトアップ効果

0

    フラクセル3はしみ、毛穴、肌理、肝斑など多様な老化現象に効果があります。

     

    知られていないけれど、施術の仕方次第で、引き締め、弛みにも効果的です。しかもウルセラやサーマと違って、効果の発現が一週間くらいと早いことが特徴です。

     

    当院の治療は、フラクセル3にしても、基本は複合治療になります。たとえばフラクセル3のあと、しばらくしてからアキュチップ

     

    やQスイッチレーザー、コア(CO2RE)で部分のしみなど治療しますが、それはフラクセル3の1回の施術料に含まれます。

     

     

     

    症例 

     

    額の帯状疱疹の傷跡、赤みを治療したいとのことでした。

     

    フラクセル3とLP-YAGレーザー(ロングパルスヤグレーザー)施術、1回の結果に満足され、それではと、顔全体のフラクセル3も希望されました。

     

    まずは、最初の額の傷跡

     

    ビフォア

     

    IMG_6963.JPG

     

     

     

    アフター

     

    IMG_7068.JPG

     

     

    顔全体施術

     

    ビフォア

     

     

    IMG_7445.JPG

     

    アフター  1週間後

     

     

    IMG_7612.JPG

     

     

     

    フラクセル啓N鼎砲けるリスク、副作用等について

    • 照射直後は照射部位全体に日焼けのような赤みや腫れが出ることがありますが、照射後数日でおさまります。また、照射直後から強い日焼け後のような熱感が数時間続くことがあります。反応によっては軟膏やクリームを処方しますので、医師の指示に従ってください。
    • お肌の状態によっては、照射後から数日間(最長で1週間程度)照射部位が日焼け後のように赤黒くなることがあります。
    • 個人差により、照射後に点状出血や水疱、かさぶたが形成されることがあります。その際は必要な治療を行いますので、医師の指示に従ってください。
    • 大きなほくろ、開いた傷、もしくは皮膚疾患のある箇所は治療を行わないことがあります。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック