LP-YAGレーザー 導入 

0

     

    LP-YAGレーザー治療を新規導入しました

    LP-YAGレーザー(ロングパルスヤグレーザー)とは、ヘモグロビン(血液の赤い色素)に吸収されやすい波長のレーザーで、血管組織へダメージを与えます。
    この作用により、赤いあざ毛細血管拡張症血管種が改善します。

    LP-YAGレーザーをお勧めしたい方


    LP-YAGレーザーは、皮膚表面にはダメージを与えずに毛細血管のみをターゲットにしますのでダウンタイムが少なく、治療を受けた直後からメイクが可能です。
    レーザー照射直後、濃い茶色となり、その後カサブタとなり赤みが改善します。

    照射後、炎症の程度、施術部位の大きさによっては、その部位はメイクは1週間ほどできない場合が あります。

    体質などにより炎症後の色素沈着がでやすい場合もありますので、施術後のアフターケアもしっかりさせていただきます。

    1回で改善する場合もありますが、赤みの程度、大きさ、肌質症によっては複数回に分けて治療をおこなう必要があります。

    治療の流れ

    リスク、副作用等について

    • 事前にテスト照射を行いますので、副作用及び危険性はまずないと考えますが、ごく稀に発赤や軽い火傷を引き起こす場合があります。
    • 下記の禁忌事項に該当する患者様はこの治療を受けることが出来ない、または注意が必要です。
    • 妊娠中の方。
    • 現在、他の診療科に通院されている方、過去に照射部位に手術経験がある方。
    • 原因不明な皮膚病変のある方。
    • 刺青の上の施術を希望される方。(刺青が薄くなる、または火傷の可能性がある)
    • ケロイドになりやすい方。
    • 日焼け直後の方、または日焼けのご予定がある方。
    • 糖尿病・アルコール中道の方。
    • 抗凝固剤の使用。
    • ゴールドセラピーを受けられた方。
    • 皮膚に病変がある方。(ヘルペス、切り傷、炎症、その他の術後、等々)
    • てんかん発作の既往がある方。
    • 光線敏感症のある方。
    • 光感受性を高める薬を内服・外用している方。


     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック