症例1 弛み治療器 ウルトラフォーマ(ハイフシャワーも)

0

    ウルトラフォーマー3施術  6ミリ 4ミリ 3,5ミリを必要パーツに、それからハイフシャワー(2ミリを顔全体と首の上に連続照射)しました。

     

    今の結果は、主にハイフシャワーによるものです。

     

    6ミリ、4ミリ、3,5ミリの効果がはっきりあらわれるのは、一ヶ月あとくらいです。

     

    翌日、化粧ののりが全然違うと言っていました。(私ば男だからその感覚はわかりませんが.確かにツルツル感は違います。)

     

    追って報告します。

     

    ビフォア

     

    IMG_3118.JPG

     

    施術直後 

     

    IMG_3127.JPG

     

    一週間あと

     

    IMG_3483.JPG

     

    ビフォア

     

    IMG_3119.JPG

     

    施術直後

     

    IMG_3129.JPG

     

    一週間あと

     

    IMG_3481.JPG

     

    ビフォア

     

    IMG_3120.JPG

     

    施術直後

     

    IMG_3128.JPG

     

    一週間あと

     

    IMG_3480.JPG

     

    ターゲットが表皮でないので、それほど紫外線のことを気にせず治療できます。

     

    リスク、副作用等について

    • 照射後、赤み、腫れ、打撲傷のような圧痛、一時的な感覚変化(一過性まひ等)、軽い出血のような症状が乗じる場合があります。赤みは数時間〜数日、その他の症状は数日〜、数週間で自然におさまります。
    • 治療部位に開いた傷がある方、重度または化膿したにきびがある方、重度の心臓疾患を有する方には治療を行いません。
    • 金属製インプラント、ペースメーカー、金の糸、埋め込み式除細胞器、埋め込まれた金属プレート、真皮に注入したフィラー、金属ステント、ケロイド瘢痕などの真上は、治療を推奨しません。
    • 抗凝結薬療法、子供、妊娠中、授乳中、活動期の皮膚疾患、出血症疾患、コントロール不良の糖尿病、単純性ヘルペス、てんかん、自己免疫疾患、ペル麻痺の方には治療を推奨しません。
    • 副腎皮質ステロイドまたは非ステロイド性抗炎症薬を慢性投与されている方は、治療の可否を医師とご相談下さい。
    • 治療により通常と異なる、発赤、腫れ、水疱、痂疲などを形成した場合、全く予期できない副作用または合併症が生じた場合は必要な治療を行いますので、当院の指示に従ってください。

     

     

     

     

    では、どの程度まで踏み込んで書かねばいけないのか、詳細が不明のため、当院のビフォアアフターは、ホームページ、ブログともに削除させていただきます。申し訳ありません。

     

                            宜しくお願い申し上げます。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック