フォト(IPL)器械 院内研修会 

0

     

     

    当院では、光治療器(フォト、IPL)は、フォトRFとアキュチップの2台を使用しています。これは、別の会社の光治療器。

     

    よりよい効果を出せる器械かどうかは、試してみないとわからないので、10日ほど借りて、皆で施術しあいます。

     

     

     

     

    IMG_2236.JPG


    フォトRF+ポラリス

    0

       

       


      新入看護士さん

      そばかすがあるので、まずはフォトRF

      IMG_3239.JPGIMG_3240.JPGIMG_3241.JPG



      三週間後

      そばかすはほぼ一回でとれたので、ポラリスで引締め


      ポラリス施術 ビフォア

      IMG_3450.JPGIMG_3451.JPGIMG_3452.JPG


      ポラリス施術 アフター

      施術直後

      ウルセラ、サーマクールの合間のメンテナンスケアにも

      直後に効果がでるので、急ぎ、さしあたって引締めたい方にお勧めします


      IMG_3456.JPGIMG_3457.JPGIMG_3458.JPG
       

      リスク、副作用等について

      • 照射後赤みや痛みが出ることもあります。部位によってはクリームまたは軟膏を処方しますので、2日ほど塗布してください。
      • 個人差により、稀に治療部位に色素沈着が生じることがありますが、時間経過とともに消失していきます。必要な場合は、医療用の美白クリームを処方いたします。(通常、照射後2週間〜1ケ月で出現)
      • 大きなほくろ、開いた傷、もしくは皮膚疾患のある箇所は治療を行わないことがあります。
      • 治療の経過により、発赤、水疱、痂疲などを形成した場合は必要な治療を行いますので、当院の指示に従ってください。
      • 日光アレルギー・膠原病の方・てんかん・痙攣の既往のある方や治療中の方、ペースメーカーを入れている方など治療の対象とならない場合があります。
      • 抗生物質は、日光過敏を起こす可能性がありますので、治療5日前より飲まないでください。

       

       

       

       


      フォトRF

      0


        ビフォア

        IMG_1647.JPGIMG_1648.JPGIMG_1649.JPG




        アフター 施術10日後


        IMG_1843.JPGIMG_1844.JPGIMG_1845.JPG



        左眼尻の傷は、老人性イボを摘出した跡です。愛知県ではCO2レザーは保険適応ではないので、メスにて摘出縫合しました。

        リスク、副作用等について

        • 照射後赤みや痛みが出ることもあります。部位によってはクリームまたは軟膏を処方しますので、2日ほど塗布してください。
        • 個人差により、稀に治療部位に色素沈着が生じることがありますが、時間経過とともに消失していきます。必要な場合は、医療用の美白クリームを処方いたします。(通常、照射後2週間〜1ケ月で出現)
        • 大きなほくろ、開いた傷、もしくは皮膚疾患のある箇所は治療を行わないことがあります。
        • 治療の経過により、発赤、水疱、痂疲などを形成した場合は必要な治療を行いますので、当院の指示に従ってください。
        • 日光アレルギー・膠原病の方・てんかん・痙攣の既往のある方や治療中の方、ペースメーカーを入れている方など治療の対象とならない場合があります。
        • 抗生物質は、日光過敏を起こす可能性がありますので、治療5日前より飲まないでください。

         


        74歳 

        0


          ビフォア

          治療メニューはフォトRF3回、ヒアルロン酸注入4回、当院オリジナルコスメのみです。

          IMG_9755.JPG


          IMG_9756.JPG




          アフター

          1年後

          IMG_6151.JPG



          IMG_6152.JPG

          (写真の色調が変わっていてすいません)

          リスク、副作用等について

          • 照射後赤みや痛みが出ることもあります。部位によってはクリームまたは軟膏を処方しますので、2日ほど塗布してください。
          • 個人差により、稀に治療部位に色素沈着が生じることがありますが、時間経過とともに消失していきます。必要な場合は、医療用の美白クリームを処方いたします。(通常、照射後2週間〜1ケ月で出現)
          • 大きなほくろ、開いた傷、もしくは皮膚疾患のある箇所は治療を行わないことがあります。
          • 治療の経過により、発赤、水疱、痂疲などを形成した場合は必要な治療を行いますので、当院の指示に従ってください。
          • 日光アレルギー・膠原病の方・てんかん・痙攣の既往のある方や治療中の方、ペースメーカーを入れている方など治療の対象とならない場合があります。
          • 抗生物質は、日光過敏を起こす可能性がありますので、治療5日前より飲まないでください。

           

           


          | 1/1PAGES |