ヒアルロン酸注入 あちこち。

0

     

     

    ヒアルロン酸注入の具体的手順を見ていただきます。

     

    当院は、基本、針での注入は極力しないようにしております。カニューレを使用します。

     

     

     

     

     

    まずは、唇とのことでした。

    眉毛の位置を上げたいとのことでしたが、予算の関係でボトックスは無理とのことでしたので、眉毛の上に少量注入しました。

    頬外側と頬部は、リフトアップのため。

    法令線にも少し。

    合計1CC。

     

     

     

     


    頤、顎に注入

    0

       

       

       

       

       


      今回は法令線、口唇上部には注入していません

      口唇下部から頤、顎に注入

      ビフォア

      IMG_2224.JPG

      アフター

      IMG_2228.JPG

      ビフォア

      IMG_2225.JPG


      アフター

      IMG_2229.JPG





      ビフォア

      IMG_2226.JPG

      アフター

      IMG_2230.JPG

      皮膚科医ですから、カニューレのみで注入しています。

       

      6月1日より、医療法の改正がおこなわれます。

       

      広告規制により、ビフォアアフターの写真掲載が原則禁止されます。

       

      ただし、ビフォアアフター写真が許される場合も、条件付きであるようなのです。

       

      「通常必要とされる治療内容」「費用等に関する事項」「治療などの主なリスク」「副作用などの詳細な説明」

      が、それにあたります。

       

      では、どの程度まで踏み込んで書かねばいけないのか、詳細が不明のため、当院のビフォアアフターは、ホームページ、ブログともに削除させていただきます。申し訳ありません。

       

                              宜しくお願い申し上げます。

       

       


      エセリスはベロテロに

      0
        ヒアルロン酸製剤が,まもなく,といっても数か月後ですが、変更になります

        今までは、フランス、アンテウス社のエセリスシリーズでしたが、ドイツのメルツ社に吸収合併され、新たにべロテロという名前で発売されることになりました。

        内容はいままでのエセリスとまったく一緒です

        昨年、新たにFDA(米国食品医療品局)の承認を得ました。以前アメリカに住んでいる日本人で、あちらの友達の医師にヒアルロン酸なら、フランスのエセリスがよいけれど、アメリカにはない、日本に帰るのなら、是非してきたらと勧められて来院された方がいらっしゃったことを思い出しました。

        高粘度でいながら自然な仕上がりという優れた製剤だから勧めたのでしょう。



        ベロテロ.png






        細菌内毒素とはグラム陰性菌細胞壁外膜にあり、物質的にはリポ多糖です。製造過程で空中などからどうしてもはいってしまうものですが、それが基準値以内でないと注入製剤としては認められません。ヒアルロン酸製剤ではありませんが、メソなどでよく使われている製剤などにexternal usu only と表記してあるものがそれです。




        無題.png

        ヒアルロン酸による若返り

        0


          まだ年齢がお若いので、フォテリスにしようかと思ったのですが、あちこち経済的に、リフトアップ効果を高めたいのと、性格もポジティブそうでしたので、固めでもよいだろうと判断しました。モデリス2嫦軻です。


          ビフォア

          IMG_0480.JPG


          アフター 直後

          IMG_0481.JPG



           

          | 1/1PAGES |